自転車やスポーツバイクに関する専門用語一覧


[アーレンキー]
正式な名称は「ヘキサゴンレンチ」。なぜか自転車乗りは「アーレンキー」という独特な呼び方をする。一般に通りのいい呼び方は「六角レンチ」。六角断面を持つL字
型の棒で、ボルトやナット類を回す工具

[アシストバー]
ドロップハンドルに装着する補助ハンドルのこと。 トライアスロン競技で登場したクリップオンタイプのDHバーが元祖。その後ロードレースでも個人TT種目用のバイクなどに装着され、高速時の空気抵抗減を図るパーツとして定着。

[アジャスター]
ブレーキやンフトに使われるワイヤーの伸びやたるみを調整するもの。回転させることで、ワイヤーヘの張り具合を調整できる。

[アヘッド]
アーレンキーだけで調整できるヘットパーツシステム。簡単に玉当たり調整ができ、ステム部分を含めた重量が軽くなるのがメリット。

[インフレーター]
携行用の空気入れのこと。常にフレームに取り付けておき、走行中に起こったタイヤのパンクや空気の充てんの際に使用する。基本的にエマージェンンー用の空気入れと考えるのが正しい。

[エアインジケーター]
タイヤの空気圧を測るための機具。フロアポンプやインフレーターにもエアインジケーターの付いているモデルもあるが、それらは誤差が大きいといわれている。したがって、正確な数値を知るにはエアインジケーターでエア圧を測りたい。

[エンド]
自転車の場合エンドという言葉はフレームの前後輪が収まる部分を指す。もしくはそのフレームパーツ。

[エンドキャップ]
ハンドルバーの両端部分もエンドというがエンドキャップはそのエンド部分に取り付けるキャップのこと。ハンドルのエンド部分がむき出しだと、落車した際、身体にその部分が当たりケガすることもあるので必ず取り付けること。ロードレースではルールで装着が義務づけられている。

[オフセット]
意識的に中心位置からずれて取り付けられていること。自転車では主にフロントフォークオフセットという呼び方で使われる。フロントフォークはステアリングコラムやヘンドチューブに対してフロントエンドが斜めの位置に溶接されている。フォークオフセットとはコラムの延長線上とエンド中心の距離のこと。


[ガイドプーリー]
リアディレイラーのチェーンを移動させて変速させるためのプーリー。2つある上側のプーリーを指す。

[逆ネジ]
通常は時計まわりにまわすと締まるネジ切り方向が、逆に切ってある場合のこと。回転部などゆるみが生じないように使われる場合が多い。左ペダル、JISサイズのハンガー小物の右ワンがそれに当たる。

[クランプ]
挟んで固定すること。また、挟むパーツ自体を「クランプ」と呼ぶ場合もある。ハンドルステムのハンドルをくわえる部分などを指す。

[直(じか)付け]
フレームなどにパーツがアダプターなどを介さずネジなどで固定されること。例=直付け式フロントディレイラー。

[スケルトン]
フレーム各部の寸法。この寸法を細かく変えることにより、同じ素材やチューブを使っても違う乗り味を作り出すことが可能。

[ステアリングコラム]
フロントフォークのヘンドチューブ内に収まっているパイプ。ハンドルステムを装着する部分でもある。

[スネークバイト]
リム打ちバンクのこと。主にWOタイヤのパンクの症状に使われる言葉。パンクした際、タイヤチューブにヘビの歯で噛まれたような2カ所のキズができることから、こう呼ばれるようになった。


[WOタイヤ(ダブルオータイヤ)]
タイヤ本体とタイヤチューフが別々になっているタイヤ。専用リムにタイヤ本体のビードワイヤーを引っかけ、空気圧の補助により固定。クリンチャータイヤともいう。

[チューブラータイヤ]
タイヤ本体の中にタイヤチューブが一緒に縫い込まれた軽量のレーシングタイヤ。古くからロードバイクのタイヤとして定番であり、現在でも競技を中心に使われる。

[バルブ]
タイヤチューブに空気を入れるための口金。仏式、英式、米式の3タイプがある。ロードバイクで使用されるのは高圧に耐えることができる仏式。

[フォークフレード]
フロントフォークの中でもコラム部分から下の左右2本のパイプ。

[フオーククラウン]
フロントフォークの左右フォークフレードとステアリングコラムを繋ぐフレームパーツ。フォーククラウンを介さずに、ステアリンクコラムに直接フォークブレードを溶接する方式はユニクラウンと呼ばれる。本来はブレーキ本体のリムに直接触れるブレーキバッドを取り付けるホルターのこと。一般的にはホルダーとコムの両方を指す場合が多い。ちなみに、コム部分の正式名称はブレーキバンドまたはシューフロック。

[フロアボンプ]
インフレーター(携帯用の空気入れ)に対して、フロアポンプは地面に置いて使う空気入れのこと。1度の動作で多くの空気をタイヤ内に入れることができる。


[ライディングポジション]
ロードバイクで走行するときのライダーの姿勢。ロードバイクはミリ単位でステムの長さやサドルの高さを調整できるので、正しいライディングポジションをとれるようバイクをセンティングすることが大切。

[ラグ]
フレームに使われるパイプとバイプをつなぐフレームパーツ。クロモリだけでなく、アルミやカーボンといった接着工法のフレームにも使われる。反対にTIG溶接のようにチューブ同士を直接繋ぎ合わせることをラグレスとも言う。

[ロードエンド]
ロードバイクに使われるエンドの総称で、エンド部分にネジが付いていてバックセンター(BBからリアハブまでの距離)などのサイズを調整できる。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!