スポーツバイクのメンテナンスに使用する工具の種類

メンテナンスで使用する工具一般的に使われている工具の中で、ロードバイクメンテナンスに頻繁に使われる工具を紹介する。どんな基準で選べばよいのかを参考にしていただきたい。

プラスは3サイズ、マイナスは2サイズ揃える
ドライバー
サイズがあり#1、#2といった番号が付いていて、ナンバーが小さいと径が細く、先端の肉厚が薄くなっている。
ロードバイクメンテではプラスは#0、#1、#+2の3サイズ、マイナスは#2、#3の 2サイズを揃えておけばよい。

細かいパーツのグリンプに最適
ラジオペンチ
先細りの形状は小さなパーツを握ることができ、しかも奥まった部分に手が届くので便利。写真の物のようにクリップ部分に指先をホールドするためのストッパーがついているものもある。

ボルトの主流はヘックス、精度で選ぶ
ヘックスレンチセット
通称「アーレンキー」や「六角レンチ」と呼ばれる工具。ヘキサゴンボルトの開閉に使用する。4、5、6、8mmを中心に、15~ 10mmの入ったセントが最適。

こだわりの本物には余計なガタはない
プライヤー
主にワイヤーを張ったり、シャフトをつかんで引き抜いたりする使い方をするが、熱いものをつかんだり、針金を折ったり曲げ切ったりもできる。

クリップの長さ、開口部の角度で選ぶ
コンビネーションスパナ(8.9.10mm)
スパナは片目・片回のコンビネーションが使いやすい。8、9、1 0mmがあれはほとんどの作業が可能。ロングネックは使いやすいがトルク管理が必要。

加工後の金属バリはきれいに取り除く
精密ヤスリセット
切断加工した後の金属バリはしっかり取り除かないとフレームに傷をつけたり、手を切ったりする可能性がある。精密ヤスリのセットはひとつ持っておきたい。

アウターワイヤーをつぶさずに切断する
ワイヤーカッター
アウターワイヤーをつぶさずに切断する。アウターワイヤーは切断しづらいパーツだけに1本は持っておきたい。

開口部のカタは厳禁。目盛り付きを選ぶ
モンキーレンチ
自転車のメンテにおいて重宝されるのがモンキーレンチ。開口部にガタがあるものだとボルトを壊してしまうので、作りのしっかりした物を選びたい。


専用工具
自転車専用に作られている工具は数多いが、ここではロードバイクメンテナンスに必要な専用工具の種類と、使いやすさで選んだモデルを紹介する。

切断するわけじゃないけど「カッター」です
チェーンカッター
チェーンのコマ通しをつなぐ「ピン」を入れたり、抜いたりする工具。チェーンの交換をする時や、念入りにメンテナンスする時に必要な工具だ。

カセットスプロケットの交換に
スプロケット回し
カセットスプロケットの交換には、この工具と「ロンクリング外し」、「モンキーレンチ」を使う。

定番PARKT00Lのスポークレンチ
スポークレンチ
ニンプルを回転させる工具。ホイールを組むときはもちろん、振れを取る時もこれを使う。定番はパークツール

クランク外しの達人
コッタレスエキストラクター
従来式のBBシャフトにはテーパーが付いていて、その部分にクランクが差し込まれている。
コッタレス抜きをクランクに固定し、ねじ込めは引き抜ける。

ホールに差し込んでしっかリホールトする
ピンスパナ
カニロレンチと呼ばれる工具。従来型BBの2ホールダストキャンプの取外しや、3ピースクランクのコーンにフィットさせるなど、特定の部分用に作られている。

リニューアルしてさらに使い易くなった
ロックリング抜き工具
カセットを固定するロックリングを外す工具。
シマノはリニューアルしシャフトを装着した。

チェーンリングの交換工具
空転止めスパナ
チェーンリングの5ピンを緩める時、少し緩んでくると5ピンが空転してしまうことがある。
そんな時には裏側をこの空転止めスパナで固定して作業する

専用工具
ここでは、自転車専用に作られている工具の中でも「計測機能」がある工具を集めて紹介する。

―台に1本必需品です
インフレーター
インフレーターは携帯工具の中心的存在。
パンク時やエアー圧が低くなった時の補充に使う。

タイヤのエア圧をチェックする
エアーゲーン
ロードバイクのタイヤの場合、エア圧の変化で走行フィーリングは大きく変わってくる。
エアゲージでしっかりエア圧を管理したい。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!