スポーツバイクの売上げ5割はクロスバイクとスモールバイク

クロスバイクはいいとこどりまずはクロスバイクとは…
クロスバイクを一言で表すとロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りといえます。ロードバイクのように速く走れるし、マウンテンバイクのように段差もクリアできる。両者をクロスオーバーさせたバイクとなので、「クロスバイク」と名づけられました。

またロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクにスモールバイクを足した4タイプの総称をスポーツバイクと呼びます。これら4タイプにはそれぞれ特徴がありますが、そのなかでもクロスバイクとスモールバイクはビギナーが最初に購入する一台として人気があります。

スポーツバイク全体の売り上げ台数の5割をクロスバイクとスモールバイクが占めているというデータもありますが、その理由のひとつとして挙げられるのが価格帯なのです。

ロードバイクやマウンテンバイクが平均で20万円前後であるのに対してクロスバイクは5万円台からあるので、最初の一台にはピッタリなのです。


コンテンツトレンド
全体的に言えるのは
(1)女性向けモデルの充実
女性向けの小さいサイズや、女性の体格を科学的に分析して作られたパーツの採用をしたものが増えています。

(2)下から2番目にあたるグレードの充実
初めてスポーツバイクに乗る方でも、よりスポーティーな走りが出来るように価格と性能を両立させたものが多くなっています。

(3)新規格の登場
ロードバイクでは電動変速機やディスクブレーキや空力を意識したフレーム
MTBではタイヤが大きい29er(トゥーナイナー)。


ここ3年の間にスポーツバイク自体の裾野が広がり多種多様なラインナップになっています。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!