折りたたみなど機能とデザインが多彩なスモールバイクの後悔しない選び方

車輪が20インチかそれ以下の自転車。折りたためるものもあり保管や移動に便利。速さを競うスポーツバイクとは別に発展し、走行性能だけでなく遊び心も重視。デザインや機能も豊富で、値段も3~100万円と幅広い。

スモールバイクの選び方
タイヤが小さいスモールバイクは、走り出しが軽く小回りも利くので市衝地ではかなり重宝する。また折りたたみ式であれば保管場所も取らないので通勤にもバッチリだ。
スモールバイク性能表
見た目も走りも車種によってさまざま
スモールバイクはほかの車種とは異なり、専門メーカーが多数存在する。クロスバイクやロードバイクは作っていないのであまり耳にすることはないかもしれないが、世界的に有名なメーカーもある。また専門ショップによるオリジナルカスタムパーツも存在し、これがスモールバイクの面白いところでもある。走りに関しても街乗り向きから本格派までさまざま。その多様性からひと括りにしづらいのがスモールバイクの特徴でもある。

折りたたみ機構
折りたたみの定番といえはダホン
BD‐ 1やブロンブトンと並びスモールバイク専門メーカーの定番といえるダホン。その特徴は折りたたみ機構の簡易さにあり、慣れてしまえば数秒でおこなえるほどだ。また街乗りに最適なコンフォートな走り心地も評価が高く、1台目のスモールバイクとして間違いないだろう

車体重量
折りたたみ機構がついているととうしても重くなってしまうが、折りたたみにこだわらなければGIANTのイティオムを筆頭に、軽くてよく走るロートバイク顔負けの車種もおすすめ。小回りが利き、軽くてよく走るとなれば街乗りにピッタリ。


周辺パーツ
スモールバイクの中でもマニアなファンがとても多いBD-1とフロンプトン。
この2大メーカーには純正カスタムパーツはもちろん、ショップオリジナルの社外品も数多くあり、自分だけのオリジナル自転車にカスタムするという楽しみを存分に味わえる。

スモールバイクメーカーは独自性かとても強い
周辺ハーツの充実度や折りたたみンステム、走りやデザイン性なと、自分が重視するポイントを明確にしてから選ぶとよいだろう

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!