スポーツバイク本体以外の必需品アイテム

走行スピードや経過時間などを計測できるサイクルコンピュータや、夜間走行には欠かせないライト類などは、完成車を購入した時点では付属していません。より楽しく、そして安全にロードバイクライフを送るためには、アクセサリー選びが重要なポイントとなります。

ライダーにとって、ロードバイクで走る以外の楽しみと言えば、パーツカスタマイズやアクセサリーの取り付けが挙げられます。

ここで紹介するアクセサリーとは、車速などのデータを表示できるサイクルコンピュータ、自車の存在を示すライト類、水分や栄養補給に必要なボトルやボトルケージ、栄養補助剤、予備のチューブやウェアなどを入れるためのサドルバッグ、そして盜難防止に役立つワイヤーロックです。

初めから予算に含めて考えておこう
ウェアやヘルメットなどはもちろんパンク対策や日々の管理のためのアイテムなど自転車に乗り続けるために必要なものがあります。

自転車には、乗り続けるために用意しなくてはいけないアイテムがあります。
まずは、日々のメンテナンスのためのポンプは絶対に必要。いつも適正な空気圧で乗ることで、乗り心地だけでなく、パンクも防げます。

また出先のパンクに対処するためのパンク修理キット。あと六角レンチやプラスドライバーがついた携帯ツール。いずれも遅からず必要な場面がくるので、自転車と一緒に購入してしまうほうがいいでしょう。

もうひとつ用意したいのは、自転車に乗るためのウェア類です。サドルにまたがって運動をし続けるという特殊な環境のためにデザインされています。また目を紫外線やゴミから守るアイウェア、ビンディング式ペダル専用の靴。

落車時に衝撃から頭を守るヘルメットなど、安全にも疲労軽減にも役立つアイテムがあるので、ぜひ自転車購入と同時にそろえるようにしましょう。カラーやスタイルなど、自転車に合わせてコーディネイトしてみるのもサイクルライフのひとつの楽しみではないでしょうか。

優先順位を考えてアイテムを揃えていこう
「生きて無事に帰ること」がロードバイクのルールである。ゆえに、安全にロードバイクを走行させるために必要なグッズは、ロードバイクを購入する当初の予算に盛り込んでおき、同時に購入する必要がある。

予算の振り分けかたとしては、直接危険に関わる順に買い揃えていくことが重要である。その意味で、ヘルメットの購入優先順位は決して高くない。
なぜならヘルメットは、「転んだときに効果を発揮するもの」であって、「転ばないためには何の役にも立たないもの」であるからだ。転ばないために重要なものとは、常に視界を確保しておくためのアイウェア(サングラス)と性能のよいタイヤ。

そしてそのタイヤをベストな状態に管理しておくためのアイテムである。転んだときのために投資することは決して悪いことではないが、そのために転ばないための投資が減ってしまっていたら本末転倒だ。

また、パンクなどのありふれたトラブルでも、修理する道具がなかったり、修理の練習をしていなかったりしたら大変なことになる。それが山奥だったら、遭難に近い状況になることもあり得るのだ。したがって、パンク修理セットや六角レンチなどの簡単な工具類も必需品だ。



運動中の心拍数をモニターできるサイクルコンピュータやハートレートモニターなどのような、障害や病気を未然に防いでくれるアイテムをお勧めしておきたい。
ハートレートモニターの購入優先順位は、ヘルメットよりも高い。落車以前に、ロードバイクに乗ることで健康を害してしまうなんてことがあってはならないと思うからだ。


サイクルコンピュータとは、車速やクランクの回転数、心拍数が計測できる小型のコンピューターのことで、グレードによって計測できることや価格が変わってきます。ライト類に関しては実に様々なカラーやデザインがあるため、愛車のデザインやカラーに合わせて選ぶなどの楽しみ方ができます。

また、最近では小型でも明るいライトがあるので、ロードバイク本来のスマートなルックスを損なうことなく取り付けることができます。ダウンチューブやシートチューブに取り付けるボトルケージも、ボトルと共に様々なサイズやデザインがあるため、自分らしさをアピールできるアイテムだと言えるでしょう。

その他、サドルバッグやワイヤーロックなどについても豊富にランナップされています。使用目的によっていくつか持っていると、さらに便利でしょう。

パンク修理セット、工具、食糧、現金は遠出するときには必ず持っていなくてはいけないものである。最初はあれも心配これも心配と荷物がかさんでしまい。ボテッとしたサドルバッグをぶらさげている人をよく見かける。

しかし、そこはロードバイク乗りである。できるだけコンパクトにスッキリまとめたい。しばらく走ってみてコレは要らないなと思ったら、持っていくものを一つずつ減らしていけばよい
またサドルバッグやポンプなど、どうせ持っていかなければならないものなら、できるだけカッコいいものを選びたいものである。

余計なものが一切ついていないバイクはカッコいいのに、付属品が付くごとにカッコ悪くなってしまう。できるだけカッコいい付属品を選ぶことで、バイクの美しさをキープしよう

サドルバッグに入っているもの
トラブルを妄想しすぎて、あれもこれも持って行こうとすると、ちょっとした荷物になってしまうが、ウェストバッグやリュックサックはいただけない。よほどの状況でない限り、ワンデイ・ライディングの荷物はコンパクトにしたいものだ。

中判のサドル・バッグは、使ってみると判るが後ろのタイヤがバッグの底を擦ってしまうことがあるのだ。重いモノを入れなくても、バッグがへたったりするので、色々工夫が必要となる。

バッグの底に3ミリの合板を入れてみたり、サドルの金物にベルトを回すのだが、左右の端が下がらないように内側を補強したりと、色々苦労させられる。サドルバッグ用の取り付け金物も売ってはいるが、下に下がりすぎてバッグは後輪の餌食になってしまう。

だから、全く他の工夫が必要で、手を加えれば加えただけ愛着が増す。ロードバイクは荷物を運ぶことを前提としていないので、ロング・ライドのツーリング自転車のように後部にキャリアはついていない。

ましてや業務用の自転車のような荷台もない。簡単なキャリアなどをシートポストに取り付け、小さなバッグ程度は運べるが、重いカメラ機材やA3用紙を入れた図面ケースなどを運ぶには少々の無理がある。それでも、時には運びたいわけで、そのたびに色々工夫するが、本来のロードバイクの乗り方ではない。


まずは必要最小限の荷物にする見極めが必要だ。工具の類はチェーン切りも六角レンチも一切持って行かない。
いつも整備が完璧だという自信があるからだ。

もちろん体内に貯蔵しているグリコーゲンの量も、所要時間に必要な補給の量も分かっているので、余計に食糧を持っていくこともない。万が一「ハンガーノック」になっても、自動販売機で缶コーヒーでも買って、自前の脂肪を燃やせばすむことなので、問題ない。

持ちものをコンパクトにしたいなら取捨選択をしなければならない。必要ではないものをいつまでも入れていても重いだけである。もはや出先でセッティングを変更するなんてことはないし、整備は完壁なのでボルトがゆるんでくるなんてことはあり得ないからである。

最低限のツール
チューブ、タイヤレバー、パッチ、六角レンチと少々のお金をサドルバッグに入れておけば、そこそこのピンチはしのげる。バッグの中身はマメに
点検し、劣化しやすいものはビニール袋に入れる

100km以上走るなら
100km以上走るとなると、少なくとも4~5時間、さらに距離が伸びれば9時間以上になることもザラである。そうなると気温や気象条件の変化、日差しなども考慮に入れた疑問が必要になってくる。また運動量も増えるので、身体や筋肉のケア用品も欠かせない。

スポーツ用補給食
スポーツ用補給食(飲料)はコンパクトで高カロリー、消化吸収もよい。段階的に分解。吸収されるように設計された商品もある。




ペダル&シューズ
完成車といっても、ペダルは別売り。必要であれはビンディングペダル (&ビンディングシューズ)に交換するとして、慣れるまではスニー力一で走れるフラットペダルでもよい (ただし靴紐の巻き込みに厳重注意)。



ヘルメット
ストラップを調節してフィットするか、必ず現物を被ってみよう。快適性を大きく左右するだけでなく、 ファッションのキーポイントにもなる。 多少高くても納得できるものを選ぼう。



空気入れ (フロアポンプと携帯ポンプ)
しっかりと空気を注入できるフレンチバルブ用のフロアポンプと、 パンク時に使う携需用のポンプが必要。 安いフロアポンプは壊れやすいので、5000円以上のモノを。 携帯用の小型ポンプは空気を入れるのに手間がかかるので. CO2ボンペを使用するタイプが便利。

小さくてもしっかり空気圧の上がる物を選びましょう。空気を入れるときは、ただ力を入れてビストンを動かすとバルブそのものが折れてしまうこともあります。もう一方の手で、しっかりバルブ口が動かないよう押さえながら空気を入れましょう。


ワイヤロック
わずかな時間でも自転車から離れると盗難にあう可能性がある。 短い時間で必ず施錠を。フレームと前後ホイールを同時に絡めて固定物に巻き付けるのが選まれにくくするポイントだ。



ボトルケージとドリンクボトル
コースの近くにコンビ二や自販機がないこともある。 水分補給を欠かさないためにも、 ポトル&ケージは2つ装着しておこう。




携帯工具とサドルパッグ
パンクやメカトラプルに備え、工具(交換用チューブ、六角レンチ、タイヤレバー)を入れるサドルバッグもマストアイテムの1つ。予備チューブを買うときはリム高によってバルブ長が違うので、ショップに相談して買うこと。



ウエア
専用に考えられたウエアに勝るモノはないが、まずはパッド付きパンツを。あとは徐々に揃えていこう。
特に防寒具は専用品らしい便利な製品が多いので、季節の変わり目には予算を確保しておこう。



グラブ(手袋)
ヘルメット、アイウエアとともにサイクリングにおける三種の神器の1つ。転倒時に手を保護するだけではなく、 ハンドルの振動を和らげてくれる効果もある。



アイウエア(スポーツ用サングラス)
明るくても暗くても走るときは必須。 アイウエアは紫外線対策以外にもホコリ、 虫から目を守る大切な役割もある。 調光レンズやクリアレンズなど、スペアレンズもそろえておこう。コンタクトレンズが苦手な人でも、眼鏡使用者用のフレームもある。



サイクルコンピュータ
ロードバイクライフをより楽しく充実したものにするために、欠かすことができないのが、様々な情報を表示することができるサイクルコンピュータです。




サイクルコンピュータと二言で言っても様々な種類があり、価格も大幅に異なります。大きく分けて有線タイプとワイヤレスタイプがありますが、現在ではほとんどがワイヤレスです。その中でも最もシンプルなタイプは、車速や走行距離、平均速度などが計測可能で、グレードが上がっていくと共に、ケイデンスや心拍数、カロリー消費量や高度なども表示することができます。ケイデンスとはクランクの回転数のことを指し、サイクルコンピュータによっては、計測したデータをパソコンに移して管理することもできます。

ロードバイクでは速度を出すよりも、回転数を一定に保つ方がエネルギー効率が高くなるため、ケイデンス表示付きを持っておくと便利でしょう。走行速度、走行距離、実走時間など様々な機能がある。高級モデルになるとG PSを使ったナビゲーションや、心拍数の計測機能付きもある。


ヘッドライト&テールライト
保安部品として、なくてはならないのがライトだ。本格的なナイトラン以外では、 自らの存在をクルマなどにアピールする役割が大きい。 前は白色、後ろは赤色が原則(保安基準法令で定められている)。 LEDを使ったライトは省電力でマルチ点滅など機能性も充実している。ロードバイクは、車やオートバイと同じく道路を走るための乗り物です。



道路交通法では軽車両に分類されるため、基本的に車道を走り、ライト、リフレクター、ベルを装着していないと違反となりますが、現在のところ装着していないからといって罰則を受けることはありません。しかし、自分だけでなく、車やオートバイ、歩行者の安全を守るためにも、これらは付けておきたいアクセサリーです。

「シンプルでスマートなロードバイクに、大きなヘッドライトは付けたくない」と思っているライダーも多いでしょう。そのようなライダーのために、最近では小さくても充分に明るいLEDライトや、リフレクターの代わりとなる赤色のテールライトが数多くラインナップされています。スタイル作りの一環として、ライト選びを楽しむのも良いでしょう。ただし、LEDライトは光量が強いため、歩行者や車が眩しくないように角度を調整しましょう。


べル
これも保安部品として必要なアイテム。 ただし、 人を追い抜くときにベルで職散らすのは言語道断。 必ず声をかけてから、 ゆっくりと追い抜くこと。


気になる汗の対処法
オートバイとちがって人間がエンジンであるロードバイクの場合、夏場はもちろん、冬でも走行中は汗をかく。 さらに、走行後しばらく止まっているとすぐに寒くなるので温度調整が難しいところ。特にロングライドなどで汗をたくさんかく場合、Tシャツなどコットンのウエアを

着ていると汗を吸ってなかなか乾かず体温を下げてしまうので機能ウエアを着用しよう。普段着で乗る場合でもスポーツタイプのインナーウエアを使用することで汗対策が可能。通勤などで乗る場合はインナーだけでも着替えを用意したほうがいい。

日焼けはしたくない
ロードバイクをはじめ屋外スポーツの最大の敵ともいえる「日焼け」。シミやシワの原因にもなるため絶対に避けたいところ。ポイントは日焼け止めをこまめに塗ること。走行中は汗で落ちやすいので水分を補給するタイミングで塗りなおすのが効果的。腕や脚の日焼けが気になる人はU∨加工を施した長袖のジャージやパンツを着用したい。

太陽の強い光を見るだけでも日焼けの情報がインプットされてしまうためサングラスもマスト。慣れないうちは熱射病などのリスクもあるので真夏は日中のロングライドを控えよう。
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!